離婚するまで

【再婚した夫婦の50%がまた離婚?】再婚夫婦の方が離婚しにくい理由5選

juutakun

筆者は結婚歴11年目の2021年に離婚しました。

元妻が計6年以上も同居に応じてくれない、たった一言で片付けられるのが僕の結婚生活です。詳しいことはプロフィールに書きましたのでよければこちらから。

2022年12月、クリスマスイブに僕は再婚しました。

バツイチが再婚して離婚する確率は50%と言われています。(結婚相談所しらべ)

とはいえネットでいくら探しても根拠がありません。どこの結婚相談所が発表している数値なのか、根拠を示すものがありません。

きっと次のような考えもあるんじゃないか、と僕は想像しています。

離婚→性格に難あり→三つ子の魂百まで→再婚してもまた離婚するはず

二度あることは三度ある。同じミスって繰り返すものですからね。バツイチが再婚したって多分また離婚するでしょ。

だからたぶん離婚する確率は50%フィフティくらいだろうね。

こんなことじゃなかろうか、と。

たしかに「離婚したけどもう一回結婚したろ」くらいの軽いノリだったら、その再婚は失敗する可能性は高そうです。でもバツイチ男性の多くは再婚に慎重です。

再婚に慎重だからこそ、初婚夫婦より再婚夫婦の方が離婚しにくいだろうと思っています。

再婚の方が離婚しにくいと思う理由は他にもあります。

本記事では離婚と再婚を経験した僕が考える「再婚夫婦の方が離婚しにくい5つの理由」ということで解説します。

再婚して幸せになりたいけど、でもそれには何が必要なのかイマイチよく分からない。

そんな人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

初婚夫婦より再婚夫婦の方が離婚しにくい5つの理由

僕が思う再婚夫婦の方が離婚しにくい理由はこちら。

再婚夫婦が離婚しにくい理由
  1. 客観的な自己分析(過ちを繰り返さない)
  2. 役割分担があいまいで良い
  3. 孤独・寂しさを浴びまくっている
  4. パートナーも稼いでくれてる
  5. バツ2の危機感

では詳しく解説します。

客観的な自己分析(過ちを繰り返さない)

元妻のせいにして自分のことを棚に上げるのはNGです。

野球の試合に負けた理由をピッチャーだけのせいにするようなものです。人のせいにしているようでは次に活かせません。

僕の離婚理由は、元妻が子育てを理由に実家で暮らし始めたことです。

ここで元妻が家を出て行ったから離婚になったんだ!

と、元妻のせいにしてしまえば気持ちは楽になれるのかもしれませんが、

やはりそれでは次に繋がりません。

もっと子育てに協力していれば、

もっと元妻のサポートができていれば、

性格の不一致・不倫・・・

離婚の直接的な原因は相手にあるのかもしれませんが、そこに至るまでの過程で自分自身に反省する点はあるものです。

反省を活かして成長します。

仕事だって同じですよね。若い頃の失敗が今の実績に繋がっています。

どうして離婚することになったのか、自己分析することで再婚後の生活に活きてくるのです。

役割分担があいまいで良い

離婚を経験した男性は、 掃除・洗濯・炊事など家事全般を1人でこなせるようになっているはずです。

別に再婚しなくても家のことは自分でできるんです。

再婚する人は、奥さんが家にこもって家事に専念してほしいとか思っていません。

再婚して2人になっても「家事は俺やるよ?」くらいの気持ちです。

再婚してから料理担当は妻で掃除担当は旦那、のように担当分けをすると

それをやって当たり前と思うようになります。

すると些細なことが気になるようになって口喧嘩に発展するんです。

  • ここ汚れてるよ? → お前の性格の方が汚れてんだよ。
  • 晩ご飯まだ? → お前に食わせるタンメンはねぇ。
  • 洗濯機いっぱいになってるよ? → お前ごと洗濯機でぶん回してやろうか?

ケンカの素です。お互いに良いことありません。

家事の役割分担を決めず、気付いたときに手が空いてる方がやる。くらいの方がケンカが減ってストレスも減るもんです。

担当を決めないことで感謝の気持ちが芽生えます。

掃除してくれてありがとう。

ご飯作ってくれてありがとう。

役割分担を決めないことで結果的にお互いがストレスを感じにくくなります。

仕事から帰ってきて家事をするバツイチ男性は、離婚してから再婚するまで当たり前に行ってきたことをするだけで奥さんから感謝されること間違いなし。

孤独・寂しさを浴びまくっている

バツイチ男性は離婚してから再婚相手と出会うまで、孤独な時間を過ごしてきたはずです。

家族を失った悲しみから枕を濡らした夜もあったかもしれません。

自暴自棄になった日もあったかもしれません。

孤独な寂しさを味わい尽くし、二度とあのような寂しさは味わいたくないと思うはず。

孤独な期間を経ることでより再婚相手への感謝の気持ちが芽生え、その感謝の気持ちが相手を思いやる行動につながります。

パートナーも稼いでくれる

バツイチ男の多くはお金がないはずです。

養育費の支払い、財産分与、僕みたいに弁護士に依頼した人は50万円以上の弁護士費用を払っているわけですから、バツイチ男は金欠な人が多いでしょうね。

バツイチってことは若くて30代前後、僕みたいな30代半ばを過ぎた男性だって少なくないでしょう。

相手も年相応と考えれば、きっとOLさんだったりパートで働いている女性との再婚です。

金欠なバツイチにとって、奥さんが働いてくれることは願ったり叶ったりです。

家系的にも大助かりですからね。

そりゃもうマッサージだって家事だって、なんだってやりますよ。

僕は養育費を毎月10万円払っていますから稼いでくれる奥さんには感謝です。

バツ2の危機感

僕たちバツイチは正直なところ「バツイチはギリセーフでバツ2はアウト」って思っています。バツ2はなんとなく超えちゃいけないラインのような気がしてます。

二度目の結婚こそ失敗させたくないと思うものですよね。

だから離婚しないために必死、これまたマッサージでも家事でもなんでもやります。

出会いが多いほど幸せになるチャンスが増える

出会いがなければ再婚の機会は訪れません。

1年間出会いのなかった僕は、マリッシュというマッチングアプリで再婚することができました。

お互いにバツイチであることは再婚後の離婚を防ぐ大きなメリットになると思っています。

お互いがバツ2にはなりたくないと強く思っているでしょうからね。

そういった意味でもマリッシュはオススメと言えます。マリッシュ利用会員でもっとも多い層がバツイチの30代・40代ですから。

気になる方はまず公式サイトをご覧になってみてください。

しつこいようですが、僕はマリッシュで再婚することができ、今ではとっても幸せな毎日を過ごしています。

合わせて読みたい
バツイチ35歳がmarrish(マリッシュ)で再婚!【離婚男性にオススメ婚活アプリ】
バツイチ35歳がmarrish(マリッシュ)で再婚!【離婚男性にオススメ婚活アプリ】

まとめ|離婚と再婚を経験したバツイチ男が考える「再婚後幸せになる」5つの秘訣

再婚夫婦は離婚しやすいと思われていますが、離婚と再婚を経験している僕は再婚の方が離婚しにくいと思っています。

それは次の5つの理由からです。

再婚夫婦の方が離婚しにくい理由
  • 客観的な自己分析(過ちを繰り返さない)
  • 役割分担があいまいで良い
  • 孤独・寂しさを浴びまくっている
  • パートナーも稼いでくれてる
  • バツ2の危機感

失敗は1回までです。2回目の失敗は何としてでも避けたいところ。

バツイチなら「まぁ、そういうこともあるよね」で済ませることができますが、バツ2になると周りからも「もしかしてあの人、家での性格は悪いのかもね」と思われてしまいます。

再婚を思いとどまっているバツイチ男性は慎重派の人です。

きっと再婚後の生活こそ、本当に幸せになる時なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
ABOUT ME
satomoyo
satomoyo
36歳バツイチ男
2021年3月25日に調停離婚したバツイチ男です。
離婚当初は再婚なんて考えてもいませんでしたが、職場の後輩から勧められたマッチングアプリで再婚しました。
記事URLをコピーしました