記事内に商品プロモーションを含む場合があります
離婚は恥だがためになる〜リコタメ

当ブログについて

このブログは、

  • 離婚間近で不安がいっぱいの人
  • 離婚して立ち直れない人

こんな人たちに向けて、1日でも早く明るい人生を取り戻してもらうためのブログです。

satomoyo
satomoyo

人気の記事はこちらです↓

まずはこちらからご覧くださいませ!

記事の人気順

このブログはこんなカテゴリーがありますので、みなさんの気になるところからご覧になってみてください。

離婚のショックから立ち直れない場合

僕は調停で2021年の3月25日に離婚し、今はもう随分と時間が経ちました。

離婚って辛いですよね。僕も離婚経験者ですからそのお気持ちよく分かります。

一般的には離婚はネガティブな印象が大きいと思いますが、僕は離婚を経験したことが人生のプラスになっていると思っています。

どちらかと言うとプラスに転じるような思考を心掛けていたと言うのが正しいかもしれません。

そう思わないと今後の人生がただ辛いものになってしまいますからね。

事情はさまざまあると思いますが、どんな事情であれ離婚によるネガティブな気持ちを引きずってしまえばいつまでも気持ちは沈んだまま。

いかに気持ちをプラスに転じられるかが肝心です。

とにかく今は立ち直ることができそうもない、そんな人はまずこちらの記事をご覧になってみてください。

合わせて読みたい
離婚のショックから立ち直る方法【35歳バツイチ男の体験談】
離婚のショックから立ち直る方法【35歳バツイチ男の体験談】
satomoyo
satomoyo

アメリカでは離婚パーティなんて言葉もあるくらいだから、

離婚はおめでたいイベント、そう思うことが大事だと思います!

離婚するのは結婚するより大変!

離婚の手続きはひと言でまとめると離婚届にサインして役場・市役所に提出するだけです。

簡単そうですがその過程は想像以上に大変で、肉体的にも精神的にも疲弊します。

僕が元妻と調停離婚が成立するまでに要した期間は9か月。

その間に何度も弁護士事務所に足を運び、何度も調停員さんとの対話がありました。

satomoyo
satomoyo

ちなみに、調停中はコロナ禍まっただ中だったのでリモートでの対話がメインでした。

電話越しの調停員とのやりとりで、実際に家庭裁判所へ行ったのは離婚成立時の一回のみです。

別居してから離婚するまでの期間は一年以内のケースが多いようですが、中には離婚成立まで2年以上かかる人もいらっしゃるようです。

離婚成立までには以下の問題をクリアすることになります。

  1. 婚姻費用
  2. 養育費
  3. 財産分与
  4. 慰謝料
  5. 親権

相手が離婚を拒絶していたら、さらに時間がかかってしまいますね。

①婚姻費用問題

僕は離婚をキッカケに婚姻費用という言葉を知りました。

共働きの場合「稼ぎの多い方が豪華な食事で稼ぎの少ない方は質素な食事」なんてことはなく、一般的には夫婦間で収入に差があっても生活レベルは同じになっているものです。

satomoyo
satomoyo

これは民法に定められている「相互扶助」にあたります。

これが婚姻費用の考え方のベースになっています。

夫婦関係がこじれた状態で離婚に向かって進む場合、まず別居からスタートするケースが多いと思います。

別居しても夫婦関係は継続しているので、婚姻費用が金額として見える化してきます。

僕のケースで婚姻費用は月13万円

  • 年収500万円
  • 専業主婦の元妻
  • 14歳未満の子ども×2人

「毎月13万円も婚姻費用を支払わなきゃいけないの!?」と高額な費用に驚いてしまいますよね。

婚姻費用の根拠は婚姻費用算定表です。

satomoyo
satomoyo

「自分は婚姻費用いくらなんだろう」と気になる方は、次の記事をご覧になってみてください。

合わせて読みたい
【婚姻費用|妻・子ども2人で月13万】相場・算定表を離婚経験者が徹底解説
【婚姻費用|妻・子ども2人で月13万】相場・算定表を離婚経験者が徹底解説

②養育費問題

離婚を経て婚姻費用の支払いが終わり、今度は婚姻費用が養育費という名目に替わります。

婚姻費用13万円から養育費に切り替わるとどれくらい変わるのか、、、。結果、僕が支払っている養育費は月10万円です。

satomoyo
satomoyo

年収500万円、専業主婦の元妻、子ども2人。

この条件で養育費は月10万円です。

僕のケースを基に、養育費算定表の見方を解説しています。

婚姻費用同様、裁判所のサイト内に養育費算定表があり、算定表を見れば簡単にご自身が払う(もらう)養育費の目安が分かります。

合わせて読みたい
養育費月10万円→年収500万・専業主婦・子ども2人【養育費の目安|手取年収×1/3】
養育費月10万円→年収500万・専業主婦・子ども2人【養育費の目安|手取年収×1/3】

一日でも早く離婚したいなら”妥協”が必要

1日でも早く離婚成立を望んでいましたが最終的に離婚するのに9か月かかりました。

僕としてはもっと時間がかかると思っていたので意外と早く離婚できたと思っています。

ただし、婚姻費用・養育費・親権・財産分与、これらは不利な条件でも受け入れないといけないと感じました。

「ウチの場合は○○だから、相場の支払いよりも低く」という私情を挟めば、もっともっとやりとりに時間が掛かり、その分離婚成立までに時間がかかります。

1日でも早く離婚するには、

  1. 減額できる要素があっても、婚姻費用・養育費は算定表通り
  2. 子どもがいる場合、親権放棄

早くに離婚したいなら、費用の相場を受け入れることになります。

減額交渉すると時間がかかっちゃいます。

satomoyo
satomoyo

当時元妻は無職でしたが、今も年収ゼロで計算された養育費のまま払い続けています。

3年経った今、元妻はきっと就職しているのだと思いますが、養育費の金額は10万円のまま据え置かれています。

最短で離婚したい人はこちらの記事をご覧ください。

合わせて読みたい
【最短で離婚したい人向け】弁護士驚愕!短期間で調停離婚を成立させたこと3つのポイント
【最短で離婚したい人向け】弁護士驚愕!短期間で調停離婚を成立させたこと3つのポイント

実家を出たことのない女性を「箱入り娘」なんて言いますが、僕の元妻がまさに「箱入り娘」で、結婚前・結婚後・離婚時もとにかく大変でした。

実家に依存するタイプは、それが離婚原因に繋がりそうです。。。もちろん離婚はどちらか一方が悪いというものではないのでしょうが。

合わせて読みたい
【元妻は生粋の箱入り娘】その結婚生活は長続きしない|結婚を後悔したこと
【元妻は生粋の箱入り娘】その結婚生活は長続きしない|結婚を後悔したこと
合わせて読みたい
妻の実家に暮らす旦那が感じるストレス7選【離婚の原因|義両親との同居は辛い!】
妻の実家に暮らす旦那が感じるストレス7選【離婚の原因|義両親との同居は辛い!】
再スタートは何歳からでも可能

離婚から幸せな再婚生活へ

離婚後1年間でまったく出会いがなく、年齢的にもルックス的にも僕なんかが再婚できるはずないと諦めていました。

ところが2022年5月に会社の紹介で始めたマッチングアプリ「marrish(マリッシュ)」のおかげで、2022年12月に再婚することができました。

2022年のシンデレラモデルの指輪です

35歳、見た目も普通・貯金なし。こんな僕でもマッチングアプリを利用して再婚できました。

分かりますよ。僕たち30代中盤以降にはマッチングアプリって抵抗ありますもんね。

マッチングアプリ=出会い系、そんなイメージがあります。

僕もそう思ってましたがいざ利用してみると、もっと早くから利用していれば良かったと思うほど満足度は高いものでした。

僕が利用したマッチングアプリは「マリッシュ」というアプリです。

オススメするのは次のような特徴から▼

  • 離婚歴のある30代〜40代の利用者層が多い
  • シングルマザー・シングルファザー向け
  • 無料で利用できる範囲が広い→マッチングするまで無料で使える
バツイチ35歳がmarrish(マリッシュ)で再婚!【離婚男性にオススメ婚活アプリ】
バツイチ35歳がmarrish(マリッシュ)で再婚!【離婚男性にオススメ婚活アプリ】

マリッシュは基本、無料で利用できます。マッチングしてからデートに誘うにはメッセージのやり取りが必須でそのときに有料プランに変更する必要があります。

なんだ有料かよ。と思ったかもしれませんが、逆にいえばもっとこの人のことを知りたいなと思うまでは無料で利用できるんです。

マリッシュの特徴
  1. プロフィールの閲覧が無料
  2. 好みの人にアプローチ無料(「いいね」が1日5回まで無料)
  3. マッチングするまで無料で利用できる
  4. 30代・40代の利用者がもっとも多い
  5. メッセージのやり取りをしたくなったら有料プランに変更すれば良い

有料プランに切り替えるタイミングは、マッチング後に直接相手とメッセージのやり取りをするときです。

マッチングして初デートに誘うまでは無料で利用できるので、出会いがなくて悩んでいるならオススメできる婚活アプリです。

当時の僕は「どうせマッチングアプリなんて」と思っていましたが、今では大感謝してます。

行動しなければ人生は変わらず、行動すれば人生を変えるチャンスがあります。
目の前に人生を好転させるチャンスが無料で用意されているのに、それをやらずにいるのはもったいない。

無料登録の方法はこちらの記事で解説しています▼

無料登録の手順は3ステップ!マリッシュの有料版と無料版の違いを解説

実際にマリッシュでゴールインした人たちの声も聞いてみてください。

マッチングしてから初デートまでの期間を徹底調査【マリッシュを使った13組のリアルな声】

記事URLをコピーしました